まちづくり連続講座 1

私たちはどのように21 世紀のまちをつくっていくべきか

人口減少時代の到来。町がなくなる。
安倍政権の「地方創生」の行方は

 国際的にみても、人口減少化、少子高齢化が着実に進む今の日本の状況ほど、真摯な地域政策、都市政策が求められているところはありません。我々が生きていく上で、「国土・地域・都市」のあり方を考えることは、経済や制度、コミュニティ等、全ての基礎を考えることにもなるからです。
 戦後の日本社会がどのような思想と制度に基づいて国土・地域・都市を考え、つくってきたか、またこれからどのようなビジョンのもと、思考し、生み出していくべきか、有識者を交え、実際にその土地で生きる人々の立場から、考え、4 回にわたって議論していきたいと思います。
 第一回は、人口減少化社会において、望ましい地域・都市のイメージはどのようなものか、2020 年の東京オリンピックに向かう中、都市への集中を加速化させることで果たして良いか。足元たる現状の地域・都市政策は適切か、都市計画・都市政策・政治をいかに適切に展開していくかについてがテーマです。

●問題提起●
大野 秀敏 東京大学前教授
五十嵐敬喜 法政大学名誉教授

●2人による対話●
特別ゲストによる講演も現在調整中です


2015 年 4月29日( 水・祝)13:00 ~16:00
法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26 階スカイホール
【資料代】各回1000円(各回それぞれの参加も可)
【申込み】ホームページから申込
【問合せ】510@machi-kaeru.com
主催:法政大学ボアソナード記念現代法研究所 都市法プロジェクト(仮)
協賛:公共事業改革市民会議・都市計画道路連絡会・景観と住環境を考えるネットワーク・区画整理連絡会(仮)

■大野秀敏 略歴
1949岐阜県生 1972 東京大学工学部建築学科卒業
1976-1983 株式会社槇総合計画事務所
1999 東京大学教授(新領域創成科学研究科環境学専攻、工学部建築学科兼担)
2015 同退官
■主な建築作品と受賞(*印以外はアプル総合計画事務所との共同)
1991 茨城県営石岡南台アパート(平成3年度全建賞)
1993 NBK関工園事務棟・ホール棟(1993年度社団法人新日本建築家協会新人賞)
1993 茨城県営松代アパート(1995年日本建築学会作品選奨)
1994 YKK滑川寮(1996年日本建築学会作品選奨)
1999 上海市立美術館改修設計競技1等*
2000 都営地下鉄12号線春日駅(2001年度グッドデザイン賞、施設部門金賞)
■著作に
『見えがくれする都市』:槇文彦他との共著(1980)鹿島出版会
『fibercity Tokyo 2050』雑誌JA(The Japan Architect)63 号2006年秋号特集 新建築社
『シュリンキング・ニッポン~縮小する都市の未来戦略』共著(2008)鹿島出版会など多数

■五十嵐敬喜 略歴
1944 山形県生 1966 早稲田大学法学部卒業
1968 弁護士登録
1995 法政大学法学部教授
2014 同退職、同名誉教授
■著作に
『美の条例~いきづく町をつくる』共著(1996)『美しい都市をつくる権利』(2002)、『美しい都市と祈り』(2006)以上学芸
出版社
『都市再生を問う』(2003)、『道路をどうするか』(2008)以上共著、岩波新書
『国土強靭化批判』(2013)岩波ブックレット
『現代総有論序説』(2014)ブックエンドなど多数

まちづくり連続講座

第2 回
2015 年5 月23 日(土)
13:00 ~ 16:00 55 号館531 教室
戦後都市と国土はどのように創られてきたか。田中角栄の功と罪

第3 回
2015 年6 月27 日(土)
13:00 ~ 16:00 55 号館531 教室
魅力的な都市とその制度的保障。都市法改革の提案

第4 回
2015 年7 月25 日(土)
15:00 ~ 18:00 外濠校舎S3071 教室
21世紀都市ビジョンの形成。「現代総有の提案」と田園都市
パネルディスカッション

主催

法政大学ボアソナード記念現代法研究所 都市法プロジェクト(仮)

協賛

公共事業改革市民会議
都市計画道路連絡会
景観と住環境を考えるネットワーク
区画整理・再開発対策全国連絡会議
(仮)